家を建てる費用と相場!土地あり・土地なしの方必見!数百万円お得?!

これから家を建てようと計画している方々は、家を建てる費用と相場はいくらぐらいかな?
と気になっている人も多いのではないかと思います。

このサイトは、以下の方におススメの情報を発信していきます。

・家を建てる費用の相場を知りたい方
・安くて良い家を建てたい方
・適正価格で家を建てたい方

お施主様
素人の私でも家を建てる費用を安くできるの?

失敗しそうで怖いわ!無難にハウスメーカーに頼む方が安心できそう・・・

管理人
ご安心下さい。誰でも正しい知識と方法で安くて良い家を建てることが可能です。

ハウスメーカーが悪いわけじゃありませんが、中小工務店にも素晴らしい魅力があります。

ハウスメーカーだけ!や工務店だけ!ではなく、総合的に判断していくと良いでしょう。

家を建てる費用と相場 坪単価を比較してみた。

理想(安くて良い家)のマイホームを新築する為には、家を建てる費用と相場を知ることが第一歩です。

家を建てる費用の相場や坪単価には、ハウスメーカーの価格から中小工務店の価格まで全ての平均なので、相場や平均を知るだけでは十分ではありません。

しかし、家を建てる費用の相場や平均を参考にすることで、自分たちがどの程度の家を建てようとしているのかの参考にはなります。

土地をお持ちの場合と土地から探す場合では総工事費が数百万~数千万の差が出ますので、土地のあるなしで、家本体にかけられる建築費が異なります。

土地をお持ちの方向けの建築費用の相場と土地から探す方向けの総工事費の目安になる相場をご紹介します。

土地ありの家を建てる費用の相場とは?

対象地区 平均床面積 坪単価 総額平均
全国平均 128.2㎡ 86.3万円 3356万円

参照元:住宅金融支援機構※データのPDFが開きます。

管理人
家を建てる費用の全国平均坪単価が86.3万円とは驚きですね。

他のサイトでは、坪単価の平均が50万円~60万円と記載してあるサイトも多いようですが、引用元はどこでしょうか?沢山ある情報の中から正しい情報を判断するのも必要な能力ですね。

注文住宅の費用は年々高額になっています。高気密高断熱やゼロエネルギーハウス等が原因の一つですが、ハウスメーカーの価格が高いことが一番の理由ではないかと思っています。

次は、各都道府県別を見ていきましょう。

当サイトの引用元は、住宅金融支援機構です。

注文住宅が対象になりますので、中古物件や建売住宅等は含まれていません。また、木造、軽量鉄骨、RC造の全ての工法が対象です。

対象地区 平均床面積 坪単価 建築費総額
東京都 126.7㎡ 102万円 3936万円
神奈川県 128.6㎡ 94万円 3699万円
愛知県 132.7㎡ 89万円 3581万円
大阪府 128.2㎡ 90万円 3529万円
滋賀県 129.7㎡ 89万円 3517万円
福島県 135.3㎡ 84万円 3481万円
埼玉県 126.9㎡ 90万円 3462万円
奈良県 132.8㎡ 85万円 3439万円
静岡県 130.7㎡ 86万円 3433万円
沖縄県 128.4㎡ 88万円 3428万円
兵庫県 126.8㎡ 88万円 3384万円
千葉県 126㎡ 88万円 3377万円
佐賀県 135.1㎡ 82万円 3362万円
長野県 128㎡ 85万円 3328万円
宮城県 135.9㎡ 80万円 3327万円
熊本県 133.9㎡ 81万円 3325万円
福井県 135.3㎡ 81万円 3322万円
岡山県 125.6㎡ 87万円 3318万円
岐阜県 128㎡ 85万円 3316万円
福岡県 129.6㎡ 84万円 3304万円
石川県 136㎡ 79万円 3274万円
山形県 141.6㎡ 75万円 3259万円
広島県 126㎡ 85万円 3255万円
北海道 135.9㎡ 78万円 3220万円
京都府 123㎡ 86万円 3215万円
茨城県 126㎡ 84万円 3209万円
香川県 125㎡ 84万円 3200万円
山口県 115.5㎡ 91万円 3191万円
和歌山県 119.9㎡ 87万円 3170万円
新潟県 133.1㎡ 78万円 3165万円
三重県 123.6㎡ 84万円 3164万円
大分県 126.6㎡ 82万円 3156万円
栃木県 127.9㎡ 81万円 3143万円
岩手県 131㎡ 78万円 3128万円
徳島県 135㎡ 76万円 3127万円
長崎県 125.7㎡ 81万円 3115万円
山梨県 127.8㎡ 79万円 3082万円
富山県 135.9㎡ 74万円 3074万円
秋田県 132.7㎡ 76万円 3061万円
愛媛県 122.6㎡ 81万円 3034万円
高知県 117.9㎡ 83万円 2995万円
群馬県 122.5㎡ 80万円 2986万円
青森県 131.5㎡ 73万円 2918万円
宮崎県 117.2㎡ 80万円 2866万円
鹿児島県 115.8㎡ 80万円 2824万円

参照元:住宅金融支援機構※データのPDFが開きます。

家を建てる費用ってこんなに高いの?

家を建てる費用が坪単価80万前後ということは、土地建物で4千万円~5千万円はしますね。そこまでのお金は掛けられない人も多いのではないかと思います。私もそうです。

なぜ、こんなに高額な値段になるのでしょうか?

設備機器や断熱材等のグレードがUPしていることもありますが、ハウスメーカーの価格が高いこと、また、ハウスメーカーに頼む人が増えていることが最大の理由です。

管理人
次は土地付き注文住宅の総額(土地代金込み)の平均を見てみましょう。

土地なしの家を建てる費用の相場とは?

対象地区 総額(土地込み)平均
全国平均 4039万円

参照元:住宅金融支援機構※データのPDFが開きます。

対象地区 総額(土地込み)平均
東京都 5592万円
神奈川県 4869万円
愛知県 4477万円
大阪府 4264万円
兵庫県 4200万円
千葉県 4123万円
沖縄県 4097万円
奈良県 4086万円
京都府 4062万円
福岡県 4041万円
宮城県 3986万円
静岡県 3970万円
広島県 3928万円
岡山県 3894万円
滋賀県 3875万円
長崎県 3840万円
福島県 3818万円
長野県 3799万円
和歌山県 3777万円
三重県 3752万円
石川県 3748万円
香川県 3713万円
熊本県 3705万円
山口県 3704万円
茨城県 3656万円
山形県 3656万円
栃木県 3654万円
徳島県 3654万円
佐賀県 3639万円
岐阜県 3599万円
高知県 3568万円
愛媛県 3543万円
新潟県 3535万円
群馬県 3529万円
富山県 3526万円
大分県 3509万円
山梨県 3507万円
北海道 3466万円
青森県 3379万円
鹿児島県 3378万円
福井県 3371万円
岩手県 3328万円
宮崎県 3312万円
島根県 3186万円
秋田県 3060万円
鳥取県 3051万円

参照元:住宅金融支援機構※データのPDFが開きます。

管理人
家を建てる費用の坪単価が概ね80万円前後で土地代金が数千万円~安い地方で500万円前後とかなりの開きがあります。

土地から購入の方は、土地代金を含めた平均学を目安としてご活用下さい。

お施主様
全ての地域で3000万円超えてますね・・・

もう少し家を建てる費用を安くできないのかしら?我が家の年収じゃとても払いきれないわ!

管理人
ご安心下さい。

土地代金はある程度の相場がありますが、建築費用(家を建てる費用)は工夫次第で落すことが可能です。

坪単価80万円前後ははっきり言って高すぎます。坪単価50万円も出せば立派な家が建ちますし、さらに落したい場合には、坪単価30万円前後も不可能ではありません。

●家を建てる費用の内訳は別記事でご説明してます。
家を建てる費用の内訳とは?意外なとこで費用を落せるって本当?

家を建てる費用を安くする方法とは?


お施主様
家を建てる費用を安くする方法ってあるんですか?
管理人
家を建てる費用を安くするというよりは、正しくは、適正価格で建てる方法です。

適正価格で建てるだけで、数百万円の差が出ることも珍しくありません。

家を建てる費用を安くしたいなら工務店を選べ!!

家を建てる費用を安くしたいならハウスメーカーではなく工務店を選ぶべきです。
同じグレードの家を工務店で建てれば、数百万円安くなる可能性があります。

ただし、ハウスメーカーにもメリット・デメリットがあるように、工務店にもメリット・デメリットがあります。

正しい知識で住宅会社を選べば失敗することはありませんが、”安い”という理由だけで飛びつくと、大失敗してしまう可能性もありますのでご注意下さい。

ハウスメーカーと工務店のメリット・デメリットについて確認してみましょう。

家を建てるときのハウスメーカーのメリット・デメリット

管理人
ハウスメーカーは家を建てる費用が高い(坪単価80万円~)とお話しをしましたが、メリットもデメリットがあります。

ハウスメーカーのメリットとは?

  • 耐震実験等を自社で行っている。
  • 一定水準以上の家が建てられる
  • 自慢できる
  • など等

ハウスメーカーのメリットの一つ目は、耐震実験等を自社で行っている点です。

建築基準法で耐震基準が定められていますが、それ以上の耐震性を求めることも可能です。
現在の等級では、等級3が最高等級になります。

【補足】
耐震等級1→建築基準法と同等
耐震等級2→等級1の1.25倍の地震に耐える
耐震等級3→等級1の1.5倍の地震に耐える

工務店で、耐震等級3も問題なく施工可能です。何が違うかと言えば、実際に揺らしたり等の実験をハウスメーカーは自社で行っているので、データとして残っています。

工務店では、さすがに自社で実験をする程の余裕はありませんので、ハウスメーカーの強みと言えます。

また、ハウスメーカーに頼むと、一定水準の家は出来上がります。決められた仕様の中から選択していくので、誰が施工しても同じ様なレベルの家が出来上がるシステムが構築されています。

管理人
最後にメリットとは言えませんが、誰もが知る有名メーカーで建てると、知り合いや親戚、お友達から、「凄いね」や「高かったでしょ?」等と言ってもらえるのでちょっとした優越感が感じられます。

家を建てるときのハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーのデメリットは

  • 家を建てる費用が高い
  • 同じような家になる
  • 地元工務店が下請け
  • など等

何と言っても家を建てる費用が高額(坪単価80万円~100万円)です。

例えば、35坪の家を有名ハウスメーカーで建てると、

・35坪×80~100万円=2800万円~3500万円

工務店で35坪の家を建てると、

・35坪×40~60万円=1400万円~2100万円

ハウスメーカーと工務店の家を建てる費用の差額が1400万円!

管理人
ハウスメーカーの中でも価格差があり、60万円~70万円の家を建てる住宅会社もありますが、それでも、同グレードの家を建てようとすれば、工務店で建てたほうが安くて自分らしい素敵な家が出来上がります。

さらには、ハウスメーカーの分譲地を見てみると、同じような家が立ち並んでいませんか?

ちょっとした仕様の違いはありますが、決められた仕様の中から選んでいくので、どうしても似通った家が出来上がります。それに、現場を担当する大工さんは、地元の工務店が下請けしています。

つまり、地元の工務店には、ハウスメーカーの工事を請け負う能力があるという事です。

わざわざ、価格が高いハウスメーカーに依頼しなくても、地元の優良工務店を選べば少なくとも数百万円は家を建てる費用が安くなるという事です。

お施主様
ハウスメーカーは地元の工務店が施工しているんですね。知らなかったわ・・・

家を建てるときの工務店のメリット・デメリット

管理人
次は、工務店のメリット・デメリットをご紹介しますね。

家を建てるときの工務店のデメリットは?

  • 工務店にはレベルの差がある
  • 仕上がりがイメージしにくい
  • 選ぶのが難しい

家を建てる費用を落すなら、地域の工務店を選ぶべきとお話ししましたが、地域の工務店にもデメリットがあります。

地域の工務店には、規模が様々あり、個人経営でリフォームをメインで行っている大工や工務店もあれば、年間数十棟~100棟前後やっている工務店もあります。

実力にもバラつきがあり失敗してしまったという人も少なくありませんので注意が必要です。

また、建築棟数が多い工務店はイメージパースや完成写真を多く所有していたり、完成見学会を頻繁に行っていますが、規模が小さい会社では、イメージパースを作るソフトを持っていなかったり、施工事例が少なかったり、完成イメージがつかみにくい場合があります。

そして、何よりも問題なのが、工務店を選ぶのが難しいという点です。

パッと見、優良工務店に見えても、ずさんな施工を行っている会社も多いです。

管理人
最近の事例では、リフォームの現場で、玄関ドアに内装ドアが取り付けられていた現場がありました。
さすがにここまで酷いのは聞いたことがありませんが、分からない部分で手を抜かれているケースは多いと思います。
お施主様
そんなことがあるんですか?

見えない部分を手抜きされると、私達では判断できないから怖いわ・・・

管理人
たしかに判断が難しい場合もありますが、正しい手順で工務店を絞っていけば失敗することはありません。

正しい工務店を選べば、高グレードでデザインにも優れた最高の家を建てることが出来ます。

家を建てるときの工務店のメリットは?

  • 家を建てる費用が安い
  • 自由度が高い

メリットが二つだけだと少なく感じるかもしれませんが、家を建てるときには、最も重要なポイントです。

まず、ハウスメーカーと比べて圧倒的に家を建てる費用が安くなります。

大手ハウスメーカーの坪単価は、80万円前後ですが、工務店の場合は、坪単価50万円~60万円が相場です。グレードによっては、坪単価30万円前後も不可能ではありません。

お施主様
なぜ工務店は家を建てる費用が安くなるの??
管理人
単純に粗利率の違いですね。

建築資材の仕入れに関しては、はっきり言ってハウスメーカーの方が圧倒的に安いです。でも、粗利率が工務店の場合は、多くても30%で、一般的には20%前後です。

ハウスメーカーの場合は、宣伝広告費や人件費、店舗維持費等の莫大な経費が掛かります。莫大な経費と利益を確保する為に、粗利率45%~55%前後あります。

管理人
ハウスメーカーが悪いとは言いません。

高水準の家を、比較的安心してお任せで建ててくれます。ただ、同等レベルの家を数百万円安く工務店で建てられるというだけの話しです。

その代り、工務店で建てる場合には、完全にお任せにはできず、こちらから提案していくぐらいの知識は必要です。

さらに、工務店の場合は、ある程度の仕様が決まっている場合もありますが、一般的に、自由に商品を選ぶことができます。

例えば、言葉で説明が難しい仕様の場合には、ネットで引っ張ってきた画像を見せたり、ハウスメーカーで提案してもらった商品を見せて再現することも可能です。

良い言い方すれば、良いとこ取りですが、何でもかんでも取り入れていくと、バランスが悪い家になるのでご注意下さい。信用できる工務店や設計士を見つけてプロから意見をもらうのも大切な要素です。

管理人
次は、優良工務店を見つけるためのステップをご紹介します。

優良工務店を見つけるステップ

優良工務店を見つけることに自信が無い方は、出来るだけ多くの見積りを集めましょう。

家を建てる費用を安くする為には、工務店とお話ししましたが、

見積りは、ハウスメーカーと工務店の両方を集める!

優良工務店を見つける為には、工務店だけの見積り比較では不十分です。

大手~中小ハウスメーカーの見積りも合わせて比較することで、本当に良い家というものが分かってきます。

また、大手ハウスメーカーの見積りを参考にして、工務店と打合せすることも可能です。

中小工務店では、ZEH(ゼロエネ)や長期優良が難しいと思っていませんか?

地元の中小工務店も大手ハウスメーカーと遜色ない家を建てています。

ただし、お施主様が希望しなければ、そこまでのグレードにはならないこともあります。
その為、沢山の見積りを比較しながら、何を取り入れ、どのような家を理想とするのか絞り込んでいく必要があるのです。

お施主様
複数の見積りをチェックして勉強していくって事ですね。

それに比較対象がないと、工務店が安いのか高いのか判断も出来ないですしね。

管理人
そうですね。

比較することは大切なことです。単に費用面を見るのではなく、断熱材の仕様は?建具やサッシ、その他住宅設備機器の仕様は?

その中で取り入れたい、間取りや設備、などをピックアップして工務店に見積り依頼すると簡単に比較することができます。

どうやって見積りを集めるのか?

簡単に見積りを集める方法は、インターネットを利用する方法です。

最近では一括見積りサイトも増えてきました。

私がおススメする一括見積りサイトは、「タウンライフ家つくり」という会社です。

複数ある一括見積りサイトの中で、私がタウンライフ家づくりを押す理由は、単に掲載工務店を増やすという選択をしていないからです。

ネームバリューがある一括見積りサイトの方が、登録している工務店数も多いです。一見すると、登録工務店が多い方が、優良工務店を探す上では有利に思えますが、それだけ悪徳工務店に当たる可能性も上がります。

それに比べて、タウンライフ家づくりは、厳格な基準をクリアした工務店のみが登録可能なのです。

登録会社数は、全国600社あります。多いように思えますが、お住まいの地域によっては登録会社が少ない場合もありますので、HPから確認して見て下さい。

>>タウンライフ家づくりはこちらから<<

【厳格な基準とは?】
登録会社様は全て厳格な国家基準をクリアした信頼のある住宅会社様のみが掲載されています。
そのため、安心してご利用いただけます。引用元:タウンライフ家つくり

また、国家基準をクリアした工務店の中でも、タウンライフで再度審査をした上で登録会社を決定しているようです。
※問い合わせした際に担当者の方が言われていた内容

タウンライフ家づくりは何が出来る?

お施主様
でもタウンライフ家づくりってどんな会社でどんなメリットがあるのかしら?
管理人
まずはタウンライフで一括見積りするメリットをご紹介しますね。
  • 全国600社の中から無料で見積りが貰える
  • 複数の会社から間取りプランが提案される
  • 土地の非公開物件を得られるチャンス
  • 入力がたった3分で終了する
  • 先着毎月99名にプレゼント有り

完全無料で、厳選された優良工務店・ハウスメーカーから見積りがもらえるので簡単に比較検討ができます。

ご自分で闇雲に探し回った工務店よりも優良工務店である可能性は高いと思いませんか?

また、土地からお探しの方は、非公開物件が得られるチャンスです。

利用者満足度等のランキングも3冠を受賞しています。どんどん利用者数も増えているので、皆様も安心してご利用下さい。

簡単(3分程度)に完全無料で一括見積りが出来て、毎月99名様にプレゼントがあるタウンライフ家づくりを是非ご活用下さい。

ただし、地域によっては登録会社(工務店)数が少ない場合があります。登録会社数は、お客様の登録データを送信する前に確認できますので、HPでご確認下さい。

>>タウンライフ家づくりはこちらから<<

タウンライフ家づくりの悪い口コミは?

タウンライフ家づくりがおススメだよと言っても不安な方もいらっしゃると思います。

タウンライフ家づくりの悪い口コミと良い口コミを集めてみました。

口コミ
3社選んで見積り依頼をしたけど、2社からしか提案してもらえなかった。

間取りや見積りは参考になったけど、出来ればもう1社の見積りも欲しかったです。

口コミ
確かに工務店の方が家を建てる費用は安かったです。

ですが、完全に信用することが出来ず、結果的にはハウスメーカーに依頼しました。タウンライフ家づくりでは、工務店だけでなくハウスメーカーの見積りも取れるので、その点は良かったです。

口コミ
私が住んでいる地域は登録会社が圧倒的に少なかったです。地元の工務店の見積りを期待していたのに、大手ハウスメーカーしか選択肢がありませんでした。

一括見積りを利用する意味が無いと感じました。

お施主様
悪い口コミを探していて目立ったのは、登録工務店が少なかったという意見が多かったです。

本当は各地域の優良工務店が沢山登録してある方が良いに決まっていますが、ある程度はしょうがないのかなとも思います。

また、ハウスメーカーの見積りも最新住宅状況のチェックもできるし勉強になるので、是非、ハウスメーカーの見積りも取ってほしいと思います。

ハウスメーカーも住宅展示場へ行くと、しつこい営業がありますが、一括見積りサイトからなら、しつこい営業もなくておすすめです。

タウンライフ家づくりの良い口コミは?

口コミ
主人がタウンライフ家づくりに見積り依頼をしました。

しつこい営業があるのかな?と思いましたが、各社1回だけ電話があっただけです。

見積りや間取りプランも貰えて本当に勉強になりました。おかげで良い住宅会社さんともめぐり合えてホッとしています

口コミ
当初予定していた工務店の見積りに不明な点があったので他社の見積りと比較したいという目的で一括見積りを利用しました。

一括見積りをしたおかげで、グンと値段を抑えることができました。

他社と比較せずに契約していたら、とんでもない金額(年収の半分ぐらい)を損していたと考えたらゾッとします。

タウンライフ家づくりを利用して良かったです。

口コミ
最近はどの業種でも一括見積りがあって便利ですよね?

引越、中古車買取、不動産売却など、今までも色々な一括見積りサイトを利用してきていたので、不安は無かったです。

間取りを勉強したいなぁと思い利用しましたが、凄く相性が良い工務の方と出会う事ができました。

自分自身で間取りを作成したかったので、試行錯誤しながら間取り図を何度も書きました。工務の方には、間取り図をチェックや沢山のアドバイスをいただきました。

忙しい中、本当に良くしていただき助かりました。

口コミ
最初は営業されるじゃないかと不安に思っていましたが、しつこい営業をされることは一切ありませんでした。

建築のことは全くの素人で不安ばかりでしたが、お金がない私達はハウスメーカーで建築するほどの余裕がありませんでした。

ですが、一般的なローコスト住宅に依頼するのも不安があったので、信頼できる地元の工務店を見つけたいなと思っていました。

計画から完成まで結構な時間が掛かってしまいましたが、家族ともども満足のいく家が完成して喜んでいます。

お施主様
良い口コミは本当に多かったです。具体的な金額は転載しませんでしたが、実際に数百万円安くなったという方も少なくありません。

公式HPの一番したまでスクロールすると、右側に「建築事例を検索」というアイコンがあります。

そこから、実際の事例が見れますので、気になる方は是非チェックして見て下さい。都道府県別で事例が見れますよ。

簡単(3分程度)に完全無料で一括見積りが出来て、毎月99名様にプレゼントがあるタウンライフ家づくりはこちらから。

>>タウンライフ家づくりはこちらから<<

ただし、地域によっては登録会社(工務店)数が少ない場合があります。登録会社数は、お客様の登録データを送信する前に確認できますので、HPでご確認下さい。