家を建てるなら木材に拘りたい?!集成材やKD材ってなに?

木造住宅は何で作られているか?

答えは簡単、木材で作られています。当たり前の話しですが、構造に用いられている木材の事を知らない人や気にもしてない人が多いように感じます。

せっかく家を建てるなら、木材についても少しは知識があったほうが良いのではないかと思います。

お施主様
木材って杉とか桧とは?

そんなに種類が多いの?よく分からないわ・・・

管理人
住宅に使われている木材の種類はそこまで多くはありません。

それよりも大切なことは木材の状態です。

分かりやすいように簡単にご説明しますね。

家を建てるとき、どんな木材が使われる?

日本の中でも地域性があるので、必ずこれという訳ではありませんが、一般的に多く使われる木材をご紹介します。

  • 集成材
  • 栂(とが)
  • SPFランバー(2×4材)
  • ホワイトウッド
  • など等

最近の主流は、「集成材」です。

集成材は、レッドウッド(RW)や杉と米松を組み合わせたハイブリット(HB)やホワイトウッド(WW)が一般的です。

ハウスメーカーや工務店によってオール集成材で建てるところや、梁桁等の一部に集成材、梁桁、柱に集成材を使う住宅会社など様々です。

桧や栂は土台に使われることが多く、杉や米松は梁桁や柱に使われることが多いです。また、SPFランバー(2×4)材は、2×4工法で建てられる住宅に用います。

管理人
都会の大きい工務店やハウスメーカーの多くは集成材をメインに使っています。

田舎の方や昔ながらの職人気質の方は、集成材に否定的な意見をお持ちの方もいらっしゃいます。

木材の状態とは?

こんな事を言うと、全国の工務店や職人さん(大工)に怒られそうですが、正直、材種はそこまで気にしなくて良いと思います。
※極端に変な使い方をしなければ。

問題は木材の状態です。木材の状態を具体的に言うと、含水率がどれくらいなのかが重要です。

お施主様
含水率が重要ってどういうこと?
管理人
木材は、内部に水分があります。このことを含水率といいますが、水分が多ければ多い程、収縮が大きくなり、家を建てた後に木材が収縮しボルトが緩んだり、クロスが破けたり等の原因になります。

集成材とは?


集成材とは、木材(単板)と木材(単板)を接着剤でつけた木材の事です。

集成材を使う住宅会社が多い理由は、含水率が低く製品が安定しているので、使いやすいという理由があります。

また、集成材は、含水率が低く家を建てた後の収縮や曲がりが小さくボルトの緩みやクロスのひび割れを防ぐことが出来ます。

【一部批判的な意見とは?】
接着剤を使っているという事で、体への害を心配する方もいらっしゃいます。

できるだけ自然由来の材料で家を建てたいと考えている住宅会社は、集成材を極力使わないようにしています。

また、集成材が出始めた頃は、接着剤が取れて木材が落下するという事件がありました。そのような背景があるため、集成材に対して否定的な意見を持つ方もいらっしゃいます。

お施主様
接着剤が落ちて木材が落下って怖いわ・・・
管理人
現在は、技術が進歩したこともあり、落下する心配はほとんどありません。

逆に木材の利用が見直されていて、大型物件にも集成材(CLT等)が採用されています。

KD・AD材とは?

KD材やAD材とは乾燥させた木材の事をいいます。

乾燥した木材は、収縮などの動きが少なく、使いやすい材料です。

建具の建て付けが悪くなる原因は、木材の収縮も関係します。

出来るだけ乾燥した木材を使うほうが家づくりに向いていると言えます。

【AD材とは?】
自然乾燥させた木材
【KD材とは?】
人工乾燥させた木材

グリーン材とは?

グリーン材とは、木材を製材したままの材料のことを言います。

含水率は、どのタイミングで製材したかによって異なります。

見た目でズブズブに濡れていると分かる木材もあれば、見た目は乾いているけど、中は水分が多い木材もあります。

数十年前は、このグリーン材が当たり前でした。現在は、プレカットが主流ですが、昔は全て手加工です。

手加工から棟上し竣工が現在とは比べ物にならない長期間だったので、その期間に乾燥していくと考えられていました。

管理人
現在は、グリーン材だけで家を建てる住宅会社は少ないですが、田舎の工務店や大工さんの中には、全てグリーン材で家を建てている方もいらっしゃいます。

予算次第ですが、できるだけ乾燥材や集成材を使う方が良いでしょう。

木材が動くとどうなる?

木材が収縮することで木材が動きますよ~とお伝えしてきましたが、木材が動くとどのような影響があるのでしょうか?

  • クロスのひび割れ
  • 金物がゆるむ
  • 音がする
  • 建て付けが悪くなる
  • など等

クロスのひび割れ

クロスのひび割れまで酷くなくても、コークがひび割れる新築は多いと多いと思います。

壁紙(クロス)のコークがひび割れている場合は、住宅会社にメンテ依頼をかければ直に対応してくれます。また、素人でも簡単にできるので、ご自分で出来る方は、ホームセンターやネット通販でもコークが購入できるのでチャレンジしてみるのもお勧めです。

管理人
完全にクロスがひび割れている場合は、自分で補修するのではなくメンテナンス依頼をしましょう。

金物がゆるむ

家を建てるときに、ボルトで木材を固定していきます。

締めた当時は、強く金物が効いていますが、数年経つと木材が細ってボルトが緩むことがあります。

集成材や乾燥材で建てた場合は、そこまで心配する必要はありませんが、絶対はありませんので、気になる方は、数年後にメンテ依頼をすると良いでしょう。

音がする

夜寝ていると、「パッキ」「パキパキパッキ」と大きな音がする場合があります。

パキパキという音は、木材が動いたり、乾燥していく過程で音がなります。

お施主様
夜寝てるときに、音がなるとビックリしますね。

建て付けが悪くなる

木材が動くと、建て付けが悪くなることがあります。

建て付けが悪くなると、「家が傾いた」や「欠陥住宅だぁ」と叫ぶ人がいますが、木造住宅の場合は、ある程度はしかたがない部分もあります。

建て付けに関しても、メンテナンス依頼をすれば簡単に直してくれます。

まとめ

お施主様にとって、木材は非常に重要な材料の一つですが、何となく関心が薄い部分です。

木造住宅は、構造上大切な材料の一つですから、是非、木材にも関心を寄せて欲しいなと思います。

打合せのときに、木材のことも聞いてみてください。

●当サイトでは、家を建てる費用と相場を解説しています。
家を建てる費用と相場!土地あり・土地なしの方必見!数百万円お得?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です