家を建てる費用の内訳とは?意外なとこで費用を落せるって本当?

家を建てる費用の相場も気になりますが、そもそも家を建てる費用の内訳を知らなければ意味がありませんよね?

家を建てる費用の内訳を知ることで、意外な部分の費用を落す事が可能かもしれません。

どんな項目にどれぐらいの費用や割合が必要なのかを把握した上で資金計画を立てれば家を建てるときに失敗する可能性が低くなります。

お施主様
外構工事や税金かしら?

でも、どれぐらいの予算が必要なのか分からないわ・・・

管理人
ご安心下さい。

特段難しい話しはありませんよ。項目別に必要な費用を見ていきましょう。

家を建てる費用の内訳とは?

家を建てる費用の内訳は大きく分けて3つに分類されます。

  • 本体工事費
  • 付帯工事費
  • その他諸経費
【目安になる割合は?】
家を建てる費用の総額(100%)=本体工事費(70%):付帯工事費(20%):その他諸経費(10%)

本体工事費

家を建てる費用の中で最も大きいウェイトが本体工事費です。

本体工事費=総工事費用の70%前後が目安です。

それでは、本体工事費に含まれている項目を見ていきましょう。

【主要な項目をご紹介】

項目 費用相場
プレカット費用 250万円~300万円
大工手間賃 220万円~350万円
基礎工事 150万円~200万円
内外建築資材費 350万円~400万円
電気工事 100万円~150万円
塗装工事 60万円~120万円
屋根工事 100万円~200万円
クロス工事 70万円~130万円
その他 50万円~100万円
【補足】
あくまでも目安の金額です。
延べ床面積によっても金額が異なります。
また、工務店やハウスメーカーなど、住宅会社によっても金額が異なりますのでご注意下さい。
管理人
住宅会社が提示している坪単価には、本体工事費のみで計算されている場合と、家を建てる費用の総額で計算されている坪単価があります。

工務店やハウスメーカーから見積りや資料請求するときにはご注意下さい。

付帯工事費

項目 費用相場
外構工事費 150万円~300万円
地盤調査・地盤改良費 100万円~300万円
確認申請や各種申請費用 50万円~100万円
管理人
外構工事や地盤改良等は、その人によって金額が異なります。数百万円かかる人もいれば、費用負担0円の方もいらっしゃいます。

その他にも、カーテン購入・取り付け費用が掛かります。

その他諸経費

項目 費用相場
税理士費用(税金等含む) 25万円~80万円
引越費用 20万円~50万円
仮住まい費用 30万円~50万円
家財購入費 50万円~200万円
予備費 50万円~100万円
管理人
仮住まいが必要な人もいらっしゃいますし、家財購入費もその人によって異なります。

予備費は、追加工事や仕様変更等に備えて準備しておいた方が無難です。

上記の金額は、あくまでも一般的金額で目安です。

見て分かるとうり、その人によって異なる項目が沢山あります。また、土地から購入しなければならない人は、土地購入費用も必要です。

見積りを比較する際には、予想される項目をプラスで考えると予算組みがスムーズにいきます。

家を建てる費用を安くする方法はあるの?

項目をチェックして、どの金額・項目が落せるか考えて見ましょう。

一手間加えるだけで、家を建てる費用を安くすることも可能です。

外構工事を見直す方法

もっとも手っ取り早い項目は、外構工事を見直す方法です。

外構工事を工務店やハウスメーカーに依頼しても、多くの住宅会社は外注に頼むことが殆どです。

外注して、その工事費に利益を乗せて販売してきますので、外構工事を外構専門業者へ直接依頼することができれば費用を安くすることができます。

直接依頼することができれば、50万円前後安くできる可能性があります。

施主支給を活用する方法

施主支給することができれば家を建てる費用を抑えることができます。

例えば、

  • キッチン
  • カップボード
  • 照明
  • カーテン
  • エアコン
  • 等など・・・
お施主様
キッチンも施主支給可能なんですか?
管理人
住宅会社によっては、施主支給ができない場合もありますが、一般的には施主支給可能です。

ただし、注意点として、住宅設備機器(キッチン等)を施主支給した場合に、故障やメンテナンス時に住宅会社は保証してくれませんし、メンテも受けてもらえない可能性もあります。

また、メーカー品(クリナップやパナソニック等)を楽天市場などのネットショッピングで安く購入した場合も、メーカー保証が付かない場合もありますので十分注意が必要です。

さらに、施主支給した場合の取付を誰がやるのかが問題です。気持ちよく受けてくれる住宅会社もありますが、取付設置費で高額な費用を請求する住宅会社もありますのでご注意下さい。

引越費用を安くする方法

ありきたりな方法ですが、引っ越し費用は一括見積サイトを利用することで値段が安くなります。

10社から最大50%安くなる一括見積はこちらから

当サイトについて

当サイトでは、家を建てる費用の相場や安くする方法、土地の有無によっての総予算に関する情報を発信しています。

お施主様が気になる都道府県別の坪単価平均や、建築費用を落とす方法は別記事で掲載しております。

家を建てる費用と相場!土地あり・土地なしの方必見!数百万円お得?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です